楽天市場

2018年02月19日

CMの契約オファーが殺到

平昌五輪のフィギュアスケート男子で66年ぶりに五輪連覇を達成した羽生結弦と
初五輪で銀メダルを獲得した宇野昌磨にCMの契約オファーが殺到している。

もうやり切ったことはなく、小さな頃からの夢である
4回転アクセルを飛ぶことを目標にフィギュアスケートを続けると
言った羽生結弦はもう先を見据えて動き出そうとしている。

スケート靴が進化していることで、この前人未到と言える
4回転アクセルも不可能ではないらしいから
そう遠くない内に見れてしまうかも。

そうなると羽生結弦の市場価値はとんでもないことになる。
今でも五輪のスポンサー企業を中心に10〜20社がオファーしているという。
特に羽生は着用してきた衣装の色合いがお菓子っぽいと話題を呼んだことを受け
クッキーやチョコレートなど食品業界が俄然注目している。

主演クラスの役者でCMの契約料は1本3000万〜6000万円だが
世界的に著名なアスリートになるとさらに上がる。
2つ目の金メダルを獲得した上に現役続行を表明したことで市場価値はさらに上がり
契約次第で1億円は下らないという。

宇野昌磨は年齢が若いから羽生選手の次世代を担うホープで将来性がある。
ファンが多い上に銀メダルを取って話題性や注目度も高くなったが
羽生選手ほど契約金は高くないから手を挙げる企業は多いのではという。

メダリストで注目が高いフィギュアだからこそ起きる。
CMで普段とは違う羽生結弦と宇野昌磨も見てみたい。





posted by turbo at 13:04| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: